ライフコーチングはスピリチュアル?Noでもあり、Yesでもある

こんにちは、ライフコーチのSayaです。

ライフコーチングと聞いたときに「あやしい」と思う人、いるのではないでしょうか。

スピリチュアルであやしげな世界なんじゃないか
何か(壺とか?水晶のような石とか?)を高額で売りつけられるのではないか
なんかうさんくさい
などなど。

これに対する私の考えは、ライフコーチングはスピリチュアルではないけど、スピリチュアルでもある、ということです。

もう少し丁寧に言うと、
何かモノをを売ってそれを持っていれば安心、という類のスピリチュアルではないけれど、
人間が誰でももっている精神世界にアプローチするという意味では、スピリチュアルだ、
ということです。

今回は、このことについてお伝えします。

コーチングで行っていることは、科学的

まず最初に、コーチングで何をしているかというと、「会話」です。
カウンセリングに近いものです。

カウンセリングは、クライアントが抱えている問題について取り扱い、ネガティブになっているメンタルをニュートラルにしていきます。

コーチングは、カウンセリングと同じことをしつつ、目指す方向に向かって行動できるよう、サポートします。
メンタルをニュートラルからさらにポジティブな状態にするのに有効です。

カウンセリングとコーチングには、期待する効果にこのような違いはあるけれど、やっていることは同じ、「会話」です。

そしてその手法は、心理学に基づいています

コーチングについては、「コーチング心理学概論」という本があります。

執筆者は大学の心理学教室の教授であったり、臨床心理士など。

この本には、コーチングができた背景や、コーチングの元となった心理学、実務に関することが書かれています。

ここまで読んでいただければ、コーチングが科学的なものであって、霊感商法(開運商法)的なあやしげなスピリチュアル性はないということを分かっていただけるのではないかと思います。

モノはもちろん、祈祷などを売ることはありません。

販売しているのは「コーチングセッション」というサービスです。

ライフコーチングのセッションでやっていることは、「会話」によってクライアントさんが

  • 抱えている問題を自分なりの方法で解決する
  • 本当に望んでいること、求めていることに気がつく
  • 本当の望みににフォーカスして、行動して、かなえる

そのサポートです。

ライフコーチングのスピリチュアル性

おそらく、カウンセリングを「あやしい」と思う人はそんなにいないと思います。
日常に支障をきたす問題を抱えていて、それを解決するためにカウンセリングを受けるのは、あやしいことではありません。

けれど、コーチング、特にライフコーチングについて「あやしい」「うさんくさい」と感じる人が一部いるのは、「人生」というとても壮大な、抽象的なテーマを扱っているからなのかもしれません。

考えない人は考えないですよね、自分の人生について。
(誤解しないでください、それが悪いと言っているわけではありません。)

そういう人にとって、人生についてじっくり考えるとか、自分について理解を深めるとか、そういうことは想像ができないのではないかと思います。

だから、人生をより良くするためにサポートするライフコーチングというサービスも理解ができず、あやしいと感じてしまうのかもしれません。

さらに、「人生」について考えたときに、スピリチュアルになることを避けては通れないというのもあります。

注意していただきたいのは、スピリチュアルという言葉は、決してあやしいものではないということです。
誰もがもっているものです。

たとえばあなたも、

初詣などのお参りをしたり
おみくじを引いたり
お守りを持ち歩いていたり

しませんか?

げんをかついだり
人とのご縁を感じたり
言霊を実感したり

ということがありませんか?

お参りやお守りなど、科学的には効果があるかどうかが定かではない何かに精神的に頼って、それが大きな力、安心感になっていることはたくさんありますよね。
科学的に説明しがたい出来事を霊的なものと結びつけて考えること、ありますよね。

スピリチュアルは、私たちの身近にあるものなんです。
ヨガや瞑想、マインドフルネスなども、スピリチュアルです。

ただ、「スピリチュアル」という言葉が悪徳商法などとセットになって、悪い印象を与えているだけです。

ライフコーチングに話を戻すと、最初はクライアントさんが直面している具体的な一つの問題について話していたとしても、掘り下げていくと、だんだんと深い精神的な話になっていきます。

「今直面している問題について、どうしたい?」から始まり、「何が自分にとっての幸せなのか?」など、人生における価値観や信念といったところにまで話が及ぶこともあります。

すると、ちょっと哲学的な領域に入って行きます。

そういう意味で、スピリチュアルにならざるを得ないんです。

ただ、ライフコーチングはスピリチュアルな話だけで終わるわけではありません。
クライアントさんが行動すると決めたならば、具体的な行動に移すところまでサポートするのがライフコーチングなので、そういう意味では、とても現実的な側面もあります。

目に見える「行動」という現実的なことと、目に見えない「価値観」や「信念」という精神面、スピリチュアルなことは、切っても切り離せない関係なんですよね。

まとめ

今回は、ライフコーチングは悪徳商法のようなあやしげなスピリチュアルではないけど、精神的な部分にアプローチするという意味ではスピリチュアルである、ということをお伝えしました。

「人生について話す」というのが、何やらあやしいと感じるのも、わからないでもないです。

でも、自分の人生はとってもとっても大切なものだし、誰だって幸せになりたいと思って当然です。
自分を幸せにできるのは、自分だけです。
自分の人生に真剣に取り組んでほしいと思います。

そうはいっても、自分のことはわかっているつもりで意外とわからないものだし、頭の中で考えていると、いつも同じことをぐるぐると考えてしまうものです。

行き詰まりを感じているのならば、解決方法の一つとして、ライフコーチングがあることを覚えておいていただけたら嬉しいです。

よろしければ、こちらもお読みください。


セッションメニューと料金
お客様の声
FAQ よくある質問


ブログ村に参加しています。よろしければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

タイトルとURLをコピーしました